FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娯楽

07/20
変わらずにある想い-

オールスター。
大谷翔平選手(現日本ハム)のプレーに引き寄せられる魅力を感じる方も多いのではないだろうか。
観ていて、気持ちがいい。
どこかそんな雰囲気がある選手。
エンターテイメント的には魅力ある商品。

変わらないもの

上原浩治選手(現レッドソックス)の投球は観ていてとても気持ちがいい。
日本での投球はそう映った。
そして、その姿は今も変わりない。

上原浩治さんは日本よりアメリカで評価されているのをご存じだろうか。
奪三振を獲れる投手として。
ダルビッシュ投手のように華々しい活躍は報道されていない彼がアメリカという土地で確実に評価されている。
辛口メディアでさえも高い評価を口にする。

143㌔のストレートで空振りが獲れる投手。
すごいな…深夜に帰宅して見たスポーツ番組でビックリ。
日本でいえば、ロッテの成瀬投手になるだろうか。
そんな143㌔が153㌔に見えるらしい。
そこには上原投手の工夫がある訳だが、今やアメリカで最も三振を獲れる投手と言われるようになるまでには5年間続けている想いがある。

楽しむ!
バッターから逃げるフォアボールよりもたとえ打たれても真向勝負を楽しみたい。

海を渡ってから大切にしていることは
【メジャーの舞台を楽しむ】
それを娯楽と表現していたるが、全力投球を楽しむ、打者との対戦を楽しむ。
そんな姿は観ていて気持ちがよい。

その結果がアメリカで上原投手らしい投球が評価されている。
ベンチに帰った時のハイタッチの光景を観てそう感じた。

自分らしく
自分らしく生きる続けれることで、求められるところで結果が出せる。
プロフェッショナルとはここなのかもしれない。

如何に自分らしくいられるか。
自分らしく…あり続ける。
幸いにもそれは自分にはそれほど特別な事ではないように感じているためか、
とても共感できた。
自分らしくあり続けれるなかで、仕事が娯楽と想えるように。
そして、楽しみたい。

そう想う。

読み終えたらクリック御願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ

にほんブログ村 花ブログ 花農家・花き市場へ

にほんブログ村 花ブログ 寄せ植え・ハンギングへ

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

鈴木 啓文

Author:鈴木 啓文
鈴木園芸の植物に対する想いを綴ったblogです。
花の生長日記なども公開して行く予定です!

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。