FC2ブログ
Archive | 2011年12月

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒトとして

12/07
他人の心に自分の心を観る-

目がパチクリ。
シクラメンの花粉症が始まった鈴木園芸です。
新聞に2月後半から花粉のシーズンという記事。
世間とは違った病を楽しんでいます。
ガーデンシクラメンの出荷が後半戦の中盤へ。

謙虚である行動と言動を続けることは難しい。

神経質

私の長所であり短所の中の一つに神経質というところがある。
普段、接点の多いシクラメンには実は色んな品種や系統がある。
ビオラの世界に比べれば、狭いのかもしれないが、種の起源から考えると多様とも言える。
当園では約60種類のガーデンシクラメンと呼ばれているミニシクラメンを生産している。
当然、性格が合わない子も何人もいる。
水の要求量、肥料の感度。。。色々ある。
それと同様に多分、私も感度がちょっと違う…のか。
他人の言葉や行動に対して少し違った部分で会話することが多い。

偶然は必然

何となしに出てくる言葉。
ここにその人の心理を感じることが多い。
仕事上、接し方が状況によってブレる人、どのような状況でも同じ姿勢の人、様々。
しかし、後者である事は人間である以上とても難しい。
欲が前後するのがヒトであり、それに気づくのが立ち止まった時。
前者であるのは当たり前。
しかし、それだけでは人間でありすぎる。
そういう状況を他人から教えてもらえれば、自分は気を付けよう。
悪いところを見苦しく軽蔑するのではなく、そういう心が自分にあるから他人から学ばせてもらっている。
そう想うようにしている。
シクラメンを育てることはいかに向かい合えるか、いかに無欲に接することができるか。
毎年、日が短くなる頃から己の歩き方に反省する。

今年もあと少し、鈴木園芸のシクラメンを買ってお正月を迎えましょう(笑)


読み終えたらクリック御願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツ(巨人)へ

にほんブログ村 花ブログ 花農家・花き市場へ

にほんブログ村 花ブログ 寄せ植え・ハンギングへ


スポンサーサイト
プロフィール

鈴木 啓文

Author:鈴木 啓文
鈴木園芸の植物に対する想いを綴ったblogです。
花の生長日記なども公開して行く予定です!

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。